よいたると
独り言。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



FFXI-Prof

Profile



最近の日記



友達のコメント



友達リンク



Shiva鯖トピックス



カテゴリーいろいろ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ま~ぼろっしの~♪
温泉にいってきました。

いつもは温泉へ行こうという話をして行く事になるのが
"日本の三大名泉"に数えられてて地元からも近い下呂温泉
巨大な温泉街で浴衣で歩いてる人も大勢居て、雰囲気は大好きです。


が、今回はちょっと趣向が変わり
無料で入れる秘湯塩沢温泉 元湯を求めて、岐阜県の高根村というとこまで行って来ました。
19号を長野方面へずっと進んで、361号に入り開田高原を抜け
飛騨高山へ向かう途中の山の中にあります。

温泉の前にまずは腹ごしらえ。
道中の塩尻に有名な蕎麦屋くるまや本店があるので、
折角だからそこで食べようという話になってました。
が、着いてみたらお昼近い時間だったので店の外に行列ができてました(=_=)
日本人は列ぶのが好きあるね~。

列ぶのが嫌だったのと、ここら辺りは蕎麦の特産地でどこの蕎麦屋に入っても美味しい!と
言われてるので、目的地へ向かう途中目に着いた蕎麦屋へ入ろうという事に。

001

目についた!

幻の蕎麦……ごくり…。
いや、自ら幻を詠ってるモノって怪しさ抜群なんだけど、蕎麦の名産地だし!
幻の蕎麦、食ってやろうじゃない…!
というわけでこの幻の蕎麦屋時香志(じこぼう)にインp。
002

必要以上にオシャレ、ここは本当に蕎麦屋かお!?
店からでてくるオバチャン達の「おいしかったねぇ」という声にwktkしてしまいました。
店の中で少し待ち時間があったもののすぐにテーブルに案内され、
綺麗なお姉さんがやってきて、自慢の蕎麦の説明をしてくれました。

003

辛み大根おろし蕎麦

コシがもの凄くある短めの蕎麦。見た目が普通の蕎麦と違いかなりザラっとして見えます。
お味はというと………(=_=)ツルツル…

(゚Д゚)カッ!!

うーまーいーぞー!!

すいません、ちょっと怪しいとか言ってご麺なさい(゜ー゜;)
本当に美味しいです。
ツユは蕎麦の味を楽しむために少し薄めで、でもダシがしっかり効いてる。
驚いたのが、ワサビが擦る前の状態でサメ革のオロシ板と一緒に出て来た事。
目の細かいサメ革で擦った、擦りたてワサビの香りは強烈でした。
くるまやに入れなかったのは残念だけど、いいお店と出会えたので結果満足です。


美味しいものを食べたところで、あとは温泉へ向かうのみ。
開田高原を抜け…
004


分かりにくい目印の看板から山道へ入り…
秘湯のある場所に到着!
駐車場のような場所に車を止め、川を渡ります。
005

水がめちゃくちゃ綺麗ですね。さすが山奥。

小さい木の橋を渡ってすぐの場所に
塩沢温泉 元湯の湯船がありました。
008


……絵に描いたような秘湯な雰囲気が笑えます。

ちなみに脱衣所などはナシ。
適当に近くで着替えてちょ。という、野性味溢れるワイルドな温泉。
しかしばっちり混浴であります。


この温泉、湯の温度が36~8度と温めなので
ゆっくり長い時間入れる反面、季節まちがえると風邪ひきますねw
冬は完全にアウト。
この日は丁度暖かかったのでよかったけど、結構ギリギリだなって感じしました。
成分はよくわからないけど、ちょっと卵っぽい匂いと鉄っぽい匂いが混ざった
温泉らしい匂い。
湯の色が茶褐色?で温泉に浸かってしまうと、体はまったく見えなくなります。
裸みられてイヤーンな人も比較的入りやすい露天温泉ですな。
まぁ、着替えは見られ放題だが…w
009

湯船から…
横が沢なので眺めは素敵。
紅葉が始まると視覚的にもかなり良さそうだけど、温度が低いから厳しそうだ……
これは夏にこの川で遊びつつ、冷えたら温泉へ~ってコンボが楽しそうです。
水着のまま温泉に入ってはダメな気はするけど。

007

駐車場側から。
入れ違いで別のお客が入っていったけど♂だったから容赦なくパシャリ。



たまにこんなトコに遊びにくるのもよいですね。
結構いい湯で気に入りました。が、遠い…w
またいつか夏頃に機会があったら来たい場所です。

ネットで調べたら、秘湯マニアには有名な場所だそうで
山奥だけど夏は温泉好きや、大学生が結構来るそうです。
そりゃこの雰囲気、他ではなかなか味わえないからなぁ。納得。

スポンサーサイト

モッス、オラ【コクーン】
というわけで、モスバーガーネタです。

CMでもジャンジャンやってるので周知のように
モスバーガーがモスバーガーを超えたらしいですよ、奥さん。
自分はマックよりモス派です。
どうもマックの野菜の少ないバーガーは好きになれません。

が、ご存じの通りモスは美味しいのだけど、高い。
なので、ファーストフード店は軽いデートの時くらいしか行かない気もします。
つまり滅多に行かないとw

今回のモスのハンバーガーの味改変に伴い、
珍しく割引チケットも朝刊に折り込んできてました。
これはぜひ有効期間内にお試ししなくてはっ!




買ってきました。
1

オーソドックスなモスバーガーです。
滅多に行かないモスで、よく注文してたのは
照焼き”チキン”バーガーとモスシェイクのコーヒーです。
限定メニューとか特に新商品がない時はほぼコレ。
つまり、わたし普通のハンバーガー食ってなかった(ノ∀`)
と言うワケでどこが変ったのかはわかりません。


2


袋開けると、ミートソースのいい香りがプンプン。
タマネギとセロリ?の匂いがイイ感じ。
だけど、ネギとセロリ?嫌いな人にはどうなんでしょうね。

めっちゃ分厚いトマトとたっぷりのミートソースはかなりじゅーすぃー!
さすがモス。
クロウラーも大喜びだ。

パンズは甘味が抑えられて少し香ばしくなった気がします。
あくまで気がします。

パティは肉!って感じ。
粗引きなので、少々口に肉が残るのが気になりますがウマイ。

モス派なので甘い評価ですが、美味しいです。
このじゅーすぃーさはマックには無いでしょう。


モスはマックと張り合って、クーポン付けたり味と価格を改良したりしてるようだけど
価格競争に目がいきすぎてる感のあるマックと
味で売ってるモスでは方向性は別モノだと思ってモス。
安くなるのは嬉しいんだけどね。
ハンバーガーという土俵は同じなので、絶対比較されるしライバルには違いないですが
今の野菜たっぷり味で勝負な路線は崩さないで欲しいです。







モスを超えたモスバーガーの味の感想を一言でまとめると


1

です。
ええ、アインが使いたかったダケです。

食べ歩き:スノボとソバ
こんにちは、冬なのにかなり暖かい日が続いてるので
北極南極の氷が融けて日本が沈んでしまうのでは、と心配してるチョコキンです。


あまりの暖冬のお陰でスキー場には雪が積もらず、
今年はスキー場の営業がピンチだとニュースでよくやってました。

そんな中、今月はスキー行かない?とゴボウちゃんに誘われたので
むっちゃ久しぶりに御岳スキー場へ行ってきました。
数年ぶりに会う同級生のカズ君も一緒に。

実に4年ぶりのスキー場。
実家から約2時間の距離にスキー場があるのに殆どウィンタースポーツやってませんw
昔、一緒にスキーしてた友人が結婚してから、誘われる事もなくなって…(;;)
4年前に友人から貰ったボードとウェア一式買ったんだけど、
2回使ったキリ、放置だったので板はヤバイ状態でした(苦笑

カズくんはショートスキーヤーなので、これを機にショートスキーやろうかと
思ってたんだけど、ウェア、ブーツまでは昔買ったのが使えたので
今回板を弟に借り、ボードをやることに。


                 ■

地元はスキー場が近いので、早朝にスキー場に入り、昼飯時に引き上げ温泉へ~
の余裕をもって日帰るのが、黄金パターンになってます。
すっかり苦手になった早起きのために、前日は早く寝ようとしたのですが
1時過ぎまでFFしてました^^
その後トイレに行くと、なんとトイレが詰まってしまい、3時近くまで
その処理をするハメに;
なんの呪いですか。

3時間半しか寝れず、睡眠不足のまま出発しましたとさ。

すきー1


カメラは車の中だったので、写真は駐車場のみw

初心者の俺とごぼうちゃんは、
「尻パット? 転ばないからいらねーよwww」等と冗談をいってましたが、
めっちゃ転がりまくり。
昔来た時も、なんで腕が痛くなるんだ?と思ってましたが、
転んで立ち上がる時に腕使うからなのねw
なんとか昔の感覚を取り戻そうとしてましたが、取り戻した所で
2回しかやってないので、上手くはないのだよねw

恐れずに谷に向かって行くのが上達の秘訣だな、と思ったチキンな俺でした。
スピードに慣れ、楽しくなってきた頃にもうお昼。
半日だけど、めっちゃ疲れました。
なまってるなぁ。
感覚を忘れないウチにまた行こうッ


              ■


御岳スキー場からの帰り、白装束?来た団体を沢山見かけました。
御岳山は霊山として有名なので、何かの祈願や修行に登りにくる人が多いのです。
若い女性も結構いてビックリ。
カズ君と
「あの女の人も白い装束来て滝に打たれるのか!みたいなっ」
「脱がずに透けるのがいいんだよねっ」
等とくだらない話をしつつ、山から降りました。
久しぶりに会ったカズ君は昔と同じくエロでした。一安心。

もう一つ楽しみだったのは、昼食。
信州はソバが有名なので、これでもかと
道沿いにはソバ屋がならんでます。

今年になってすでに4~5回スキー行ってるカズ君が
美味しい店があったというので、そこに突撃。

そば処 一竹というお店。
食べたのは 辛し大根添え盛りそば。と天盛り。
すきー2


美味しいソバって何?って聞かれると、「緑のたぬき」と答えてた俺ですが
旨いソバとはこういうものを言うのかっ!と思うソバでした。
辛み大根の辛さがまた良かった。
これ味わうと、ワサビでソバ食べれなくなりそうだ。

スキーの後、辛み大根そば。黄金パターンになりそうです。


また行きましょうっ。


晩から翌日にかけて、すごい筋肉痛に襲われてたのは言うまでもない…



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。